様々な状態に対応

ハードディスク

高い技術力と設備環境での作業

データを復旧しなければならないHDDの状態には大きく分けて2つの種類があり、ひとつは物理的な故障です。HDDは内蔵されている何層ものディスクをから、いくつもの機械部品を使用してデータを読み書きしています。しかしその部品がいつまでも正常な状態で稼動できるわけではなく、劣化によって破損してしまいます。そうなるとまずデータにアクセスできなくなるので、専門家でなければ復旧はまず不可能です。しかし設備と技術力が整っている専門家であれば、そのHDDを分解することができます。もともとの接続ポートからのみのアクセスではなく、データが保存されている媒体そのものから抽出が可能になるわけです。これは記録媒体さえ破壊されていない状態で、専門家に依頼さえすれば復旧できる可能性が高いバターンです。またそれとは異なり、保存されているデータそのものがトラブルに巻き込まれている場合もあります。ウィルスによって一部を破壊されたり外部攻撃でアクセスできなくなるだけでなく、誤って削除してしまった場合も含まれます。論理的破損と呼ばれるこの状態は、軽度であれば専用のソフトを使用して、物理的な場合よりも自力で復旧できる可能性があります。しかし逆に悪化させてしまう怖れがあるため、復旧できる確率を高めたいのであれば、始めから専門家に任せた方が良いです。物理的な破損と同じように、破損した部分を修復するなどの高度な技術力が期待できます。データ復旧を請け負っているところであれば、基本的に物理的と論理的の両方に対応できます。