消去したファイル復活

パソコン修理

消去してしまったファイルを復活させるには

パソコンを使っていると、うっかりしてファイルを削除してしまうことがあります。ただしこの「削除」とは、デスクトップ上のファイルを、ゴミ箱フォルダに移動しただけなので、データ自体はなくなってはいません。ゴミ箱フォルダから出せば、削除したという事実自体がなくなってしまいます。一方、ゴミ箱フォルダの中にあるファイルを「空に」してしまうとどうでしょう。これでデータはなくなったのでしょうか。いいえ、なくなってはいません。データは記録されたハードディスクのどこかに書き込まれているのですが、ゴミ箱の中のファイルを「空に」にしても、あいかわらず同じ場所に記録されたままなのです。では、ゴミ箱の中を「空に」することで何が起こっているのでしょう。それは、ハードディスクに記録されている当該データがハードディスクの上のどこに書かれているのかという情報が抹消されたということにすぎないのです。ですから、この段階になってもまだデータを復旧しようと思えばできるのです。復旧するには専用のソフトを使ってもできるし、また復旧を専門業者に依頼することもできます。ただし安心もできません。というのも、ゴミ箱を「空に」してから、パソコンを使い続けると、データが入っている箇所にも書き込むことが可能なことから、上書きされることになるからです。もし上書きされてしまうと、その部分は復旧することはもはや不可能になってしまいます。ゴミ箱を「空に」したら、できるだけ早い段階で復旧を試みる必要があります。